フェイス脱毛を行うデメリットは、自己処理で眉毛を行うと眉の流行スタイルが変わり困る人もいます。眉周りを脱毛を行ってしまうと、一生生えてこなくなってしまう場合があります。特に目の周りを脱毛する場合は、細かい部位になるのではさみでカットするようにした方が良いです。毛嚢炎は硬い毛で発生すると思われるが、短い毛や細い毛でも発生します。

顔の毛の脱毛は毛自体が細くて薄いので、何度も照射を行う必要があります。毛の内側で毛が詰まってしまったり、皮脂等に毛穴の中で詰まって毛嚢炎が起こる事もあります。また何度も照射する事で、毛穴からは毛が伸びにくくなります。しかしかなり太い毛になって生えてくる事があり、カミソリや毛抜きで自己処理を続けた時と同じように硬毛が出てきます。

サロン等でフェイス脱毛を行うと、レーザーや光は低出力であるが細い色の薄い毛に対して収束しにくいレーザーや光を使うので直ぐに効果を出すために強くしてしまうと火傷のリスクを招いてしまいます。

機器の出力の範囲は規格内であっても、シミや毛根がかなり黒かったりする事で皮膚やその深部に収束してしまい熱が上がり火傷に繋がる危険性が報告されています。出力を調整してもらえるように、スタッフに相談をします。

フェイス脱毛の自己処理方法

フェイス脱毛の自己処理方法は、カミソリを使った方法があります。最も簡単な方法で、カミソリの滑りが良くなるように剃る前にはクリームを塗ります。その後に毛の流れとは反対に皮膚を引っ張りながら、毛の流れに合わせて剃っていきます。同じ所を何度も剃ってしまうと皮膚を傷付けやすいので、1度剃ったら終るようにします。顔全体を剃り終わったら、塗れたタオルで拭き取るか顔を洗います。

顔が剃れたら、化粧水や乳液等でしっかりと保湿を行います。細かい所はL字型のヘッドが小さいので、ベストです。細かい部位の脱毛が出来るのは、カミソリのメリットです。しかしT字カミソリの方が安全であるので、慣れていない人にはお勧めです。

頻繁に剃ると肌を痛めやすいので、3週間から1か月に1回くらいの間隔で剃るようにします。カミソリで剃るのは、他の方法と比べるとコストが一番安いです。またT字カミソリ等は、ドラッグストア等販売されているので手軽に脱毛が行えます。脱毛を行う時間は、朝の洗顔後か夜のお風呂に入っている時の肌が綺麗な時に行うのが最適です。

カミソリの刃が傷んできたら、交換をして新しいのを使用する事です。そのまま使用していると、肌を傷付けやすいので使ってはいけないです。

フェイス脱毛を業者にお願いしたいが

フェイス脱毛というのは、人によってはできないこともあります。顔の産毛は細すぎる場合などには業者に依頼できないこともあります。どうしてもそうした人というのはレーザーやフラッシュが反応しづらいので効果が薄かったりすることがありますから、これは厳しいことになります。

しかし、今ではかなりよい効果の機械が導入されていることもありますから、これによってかなり綺麗にできるようにはなっています。フェイス脱毛においては少しでも綺麗に、と思うことは当然でしょう。そして、できるだけ長い時間、やる必要性がないように、ということも重要になります。そこでお勧めできるのが永久脱毛になります。

これができるようになりますとかなり綺麗にできますし、そして、手間がなくなることになります。さすがにそれなりにお金がかかってしまうことになるのですが、それでも上手くすることによって、安心して生活ができるようになります。

ちなみに自己処理でカミソリを使う、というのも悪いわけではないです。しかし、それば自分に物凄く負担がかかってしまうことになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしょう。それが自分のためにもなるフェイス脱毛でもあるのです。

【こっちもどうぞ】産毛対策ノイズ(noise)は楽天で購入したほうがお得!?